横浜美術館コレクション展
ヨコハマ・ポリフォニー:
1910年代から60年代の横浜と美術

写真展示、映像展示

2020年11月14日(土) 2021年2月28日(日)
10:00-18:00
横浜美術館
一般500円他 インターネットでのオンライン日時指定予約制
主催:横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
※2/11を除く木曜日及び年末年始(12/29~1/3)、2/12は休館※入館は17:30まで
本展では横浜発の活動やゆかりの作家たちの創作を中心に選りすぐりの名品約150点によって、大正期から高度経済成長期に至るまでの横浜のアートシーンをひも解きます。
10章構成からなる本展では25点の写真作品を展示しています。特に第6章「横展写真部創設」と題したセクションにおいては、1938年、横浜美術協会展(通称・横展)が全国の美術団体に先駆けて写真部を創設したことに着目しています。そして創設に関わった写真家とともに、奥村泰宏や常盤とよ子、浜口タカシなど戦後のハマ展で活躍した横浜ゆかりの写真家を紹介します。横浜美術館だからこそ紡げるストーリーと、横浜(ここ)でしか見られない作品群を存分にご堪能ください。
045-221-0300
常盤とよ子《追想》 1969年(1988年プリント) ゼラチン・シルバー・プリント 33.3×49.8cm 横浜美術館蔵 写真提供:栗林阿裕子

日本、神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4−1 横浜美術館

横浜美術館

みなとみらい線みなとみらい駅〈3番出口〉/徒歩3分

Googleマップで開く